スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中立会見通し(2014-09 12 10:00)


金【様子見姿勢が強いか?】

11日のNY金相場は、ウクライナ情勢の緊張が和らぐ中、ドル高基調を背景とした弱地合いが継続し4日続落となった。中心限月11月限は前日比6.30ドル安の1,239.00ドルで取引を終えた。この日に発表された米新規失業保険申請件数が低調な内容となった事から、取引序盤は堅調に推移したものの、その後、欧州連合(EU)が対ロシア追加制裁の発動を発表されると、欧州景気の低迷観測を背景にドル買い・ユーロ売りが進み、ドル建ての金などの商品に割高感が生じ、売り優勢となった。
本日の東商金日中取引は、NY安を受けた手仕舞い売りが先行する展開と思われ、その後は来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、様子見姿勢の強い中、週末・連休要因からのポジション調整の動きと思われる。
注目材料:黒田総裁の発言(15:00頃)、連休を前にした外貨需要に注意!

日中取引レンジ  4,250円~4,289円



東商一般大豆【週末・連休要因の調整か?】

11日のシカゴ大豆相場は、この日に発表された9月の米農務省需給報告で、生産高予想とイールドが過去最高に上方修正された事に加えて、期末在庫も8年ぶりの高水準となり見通しなどから反落し、約4年ぶりの安値を付けた。中心限月11月限は12.25セント安の981.50セントで取引を終えた。ただ、米中西部産地で遅い段階で作付けされた大豆の霜害を巡る懸念から、大豆・大豆ミールなどは安値からは値を戻した。
9月の需給報告によると、2014~15年度の米国の大豆生産高予想は過去最高の39億1,300万ブッシェル、イールド予想は46.6ブッシェル、期末在庫見通しは4億7,500万ブッシェルと何れも市場予想を上回った。
本日の国内相場は、米需給報告を経て、週末要因と国内連休を控えて、ポジション調整の動きが強まると思われる。


日中取引レンジ 47,880円~48,850円




ランキングをご覧ください ランキングへ ランキングへ

1日1クリックあると励みになります。
↓よろしければ「ぽちっ」とクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

↓応援よろしくお願いします!


↓もうひと押しお願いします!
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

商品先物取引に係る留意事項
留意事項
プロフィール
Author:日本ユニコム株式会社コンシェルジェ・サービス室スタッフ I
月齢 (新月は0 満月は14.8程度)
文字を大きく・小さく
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    カテゴリ
    記事検索
    エントリー
    いくつになっても褒められると伸びるタイプです。
    最新コメント
    カウンター
    最新トラックバック
    ☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*・°
    club.png
     
    seminar.png
     
    market.png
     
    blog.png
     
     
    海外相場表

    ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
    日本ユニコム 公式ツイッター
    ツイッターへ
    金価格など各種情報
    携帯電話用 QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    留意事項
    当ブログは情報提供を目的としており、日本ユニコム株式会社の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容は正確性、完全性に万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当ブログの作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当ブログにより生じた、いかなる損失・損害についても当方では一切責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当ブログの一切の権利は日本ユニコム株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。