スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中立会見通し(2014-10 02 10:00)


金【様子見姿勢か?】

10月1日のNY金相場は、この日に発表された欧米の経済指標が低調な内容となった事を受け、欧州株式市場が下落、米株式市場は急落した事を背景に、買戻しなどが入り反発した。中心限月12月限は前日比3.90ドル高の1,215.50ドルで取引を終えた。
この日、発表された9月のユーロ圏製造業購買担当者景況感(PMI)改定値は50.3と速報値の50.5から下方修正された。また、9月の米サプライ管理協会(ISM)製造業景況指数も56.6と市場予想を下回ったる低調な内容の経済指標を眺めて、欧米の株式市場が下落。これを受けてリスク回避の姿勢が強まり、金は受け皿として物色された。ただ、本日に欧州中央銀行(ECB)理事会を控えて、追加緩和に動くとの思惑から、上値は限定的だった。
本日の東商金日中取引は、NY高ではあるものの、世界的な経済成長に対する懸念から逃避先として円の需要が高まっている為、円高・ドル安に振れており、手仕舞い売りが先行する展開と思われる。その後は、今晩のECB理事会や、その後のドラギ総裁の会見を控えて、様子見姿勢が強まると思われる。

日中取引レンジ  4,251円~4,280円


東商一般大豆【揉み合いか?】

1日のシカゴ大豆相場は、引き続き過去最高の豊作観測や収穫の進展などが圧迫要因となり、取引序盤は2010年2月以来の安値まで下落したが、その後、最近の下落に対し売られ過ぎとの見方から、安値拾いの買いや買戻しなどが入り、反発した。中心限月11月限は3.50セント高の916.75セントで取引を終えた。
本日の国内相場は、シカゴ高と円高の強弱材料が交錯し、揉み合いと思われる。


日中取引レンジ 45,950円~46,400円


1025日本橋セミナー

来たる10月25日(土)13:00より。
当社日本ユニコム7Fセミナールームにて開催の秋の特別企画
日本ユニコムセミナー@日本橋 『葉千栄のリアル・チャイナ2014』
あの葉千栄先生他、もちろん日本ユニコム調査部主席アナリスト菊川も登壇!!

良しにつけ悪しきにつけ、或いは好むと好まざるとに拘らず、
世界がその影響を無視する事が出来ない存在となった中国。

エネルギー、食糧の爆食ぶりは云うに及ばず、
金を中心とした貴金属市場においても今やメインプレーヤーの一角です。

しかしながら、扇情的でどちらかに偏った情報にその正しい現状の理解が進まないのもまた中国。

そこで・・・ 詳しくはこちらから。



ランキングをご覧ください ランキングへ ランキングへ

1日1クリックあると励みになります。
↓よろしければ「ぽちっ」とクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

↓応援よろしくお願いします!


↓もうひと押しお願いします!
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

商品先物取引に係る留意事項
留意事項
プロフィール
Author:日本ユニコム株式会社コンシェルジェ・サービス室スタッフ I
月齢 (新月は0 満月は14.8程度)
文字を大きく・小さく
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    カテゴリ
    記事検索
    エントリー
    いくつになっても褒められると伸びるタイプです。
    最新コメント
    カウンター
    最新トラックバック
    ☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*・°
    club.png
     
    seminar.png
     
    market.png
     
    blog.png
     
     
    海外相場表

    ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
    日本ユニコム 公式ツイッター
    ツイッターへ
    金価格など各種情報
    携帯電話用 QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    留意事項
    当ブログは情報提供を目的としており、日本ユニコム株式会社の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容は正確性、完全性に万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当ブログの作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当ブログにより生じた、いかなる損失・損害についても当方では一切責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当ブログの一切の権利は日本ユニコム株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。