スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中立会見通し(2014-11 21 10:00)


金【ポジション調整か?】

20日のNY金相場は、米国経済が堅調さを増す中で、金融当局が利上げを模索しているとの観測などが広がり、小幅反落した。中心限月12月限は前日比3.00ドル安の1,190.90ドルで取引を終えた。
この日に発表された米経済指標は強弱まちまちの内容となった為、特に材料視されず反応は薄かった。
この日も為替主導の展開が続く中、ドルは対円では7年ぶりの高値水準を維持している(日銀が金融緩和を維持する一方で、米国は政策金利の引き上げに動くとの見方が背景にある)。また、為替市場では、スイス中央銀行が自国通貨の上限を防衛する為のユーロ買いを開始した可能性があるとの見方もある模様。
本日の東商金日中取引は、NY相場は小幅反落したものの、その後の時間外取引が堅調に推移している事から、手仕舞い買いが先行する展開と思われる。その後は、国内連休を控えている事と週末要因から、ポジション調整の動きが強まる事となりそうである。

日中取引レンジ  4,485円~4,545円


東商一般大豆【利食い先行が賢明か?】

20日のシカゴ大豆相場は、テクニカル的な買いや良好な輸出動向に支えられ、3営業日ぶりに反発した。また、大豆ミール相場が上伸した事も相場の支援材料となった模様。中心限月1月限は15.75セント高の1,020.50セントで取引を終えた。
米農務省によると、輸出業者から2014~15年度渡しの米国産大豆14万トンを仕向け地不明で売却したとの報告があった。ただ、この日に発表された週間輸出成約高は48万3,000トンと、市場予想の70万~100万トンを下回った。中国向けに53万2,900トンが計上されたのに対し、仕向け地不明で65万7,600トンがキャンセルされた。中国向けの輸出実績は241万7.700トン。同国向け輸出の今年度の累計は前年同期比14.7%増の1137万4,500トンだった。
本日の国内相場は、週末要因と国内連休を控えて、ポジション調整の動きと思われる。
利食い先行が賢明か?

日中取引レンジ 53,100円~53,900円



ランキングをご覧ください ランキングへ ランキングへ

1日1クリックあると励みになります。
↓よろしければ「ぽちっ」とクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

↓応援よろしくお願いします!


↓もうひと押しお願いします!
人気ブログランキングへ
応援ありがとうございます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

商品先物取引に係る留意事項
留意事項
プロフィール
Author:日本ユニコム株式会社コンシェルジェ・サービス室スタッフ I
月齢 (新月は0 満月は14.8程度)
文字を大きく・小さく
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    カテゴリ
    記事検索
    エントリー
    いくつになっても褒められると伸びるタイプです。
    最新コメント
    カウンター
    最新トラックバック
    ☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*・°
    club.png
     
    seminar.png
     
    market.png
     
    blog.png
     
     
    海外相場表

    ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
    日本ユニコム 公式ツイッター
    ツイッターへ
    金価格など各種情報
    携帯電話用 QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    留意事項
    当ブログは情報提供を目的としており、日本ユニコム株式会社の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容は正確性、完全性に万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当ブログの作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当ブログにより生じた、いかなる損失・損害についても当方では一切責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当ブログの一切の権利は日本ユニコム株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。