スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中立会見通し(2012-07-10 10:05)


金【値固め?】
週明け9日のNY金相場は3営業日ぶりに上昇。中国での金需要拡大の兆しが買い材料となった。香港政府の統計によると、中国による香港からの金輸入は5月に前年同月比6倍増の7万5,635.7キログラムとなった。中国は引き続き世界の金市場で最も重要な役割を果たしている。ドルが5週間ぶりの高値から下落した事も、代替投資先としての金買いに繋がった。また、中国で発表された経済指標の6月消費者物価指数(CPI)と6月の生産者物価指数(PPI)は共に上昇率が市場予想を下回った事を受けて、中国金融当局が再び金融緩和に動くとの思惑が広がった事も、金の買い材料となった。加えて、為替市場ではスペイン国債利回りが7%台に上昇した事を受け一時弱含んでいたユーロが買い戻された為、ドル建ての金に割安感が生じた事も支援材料となった。現在の金はイベントと言うものが月末迄なく、やはり今週は週間見通しで説明した値固めの週となりそうである。

日中取引レンジ   4,047円~4,095円  


大豆【明日は米農務省農産物需給報告】
週明け9日のシカゴ大豆相場は、米産地では一部で降雨が確認されたものの、依然として全体的に高温乾燥が続いており、米国の大豆のイールドについても懸念が一段と高まった事から、過去最高値を更新した。中心限月の11月限は42.00セント高の1,547.75セントで取引を終えた。7月限は一時1,679.50セントを付け、過去最高値を更新した。今週はシカゴ一帯で高温が和らぐ見通しではあるが、依然として作物はストレスを受ける可能性が高い。9日の取引終了後に発表された作況報告によると、「優・良」の割合は前週比5ポイント低下し、作況悪化が鮮明になった。また、米農務省によると、大豆の週間輸出検証は1,890万6,000ブッシェルで、市場予想(1,000万~1,400万ブッシェル)を上回った。相場は天候相場の真っ只中で上昇しやすい傾向にあるが、明日の米農務省農産物需給報告が相場に与える影響が大きいと考えられるが、予想は、米国の2011~2012年度の期末在庫は僅かながら減少すると見られているが、2012~2013年度は変わらずと予想されている。本日は明日の需給報告を前に動きづらいところではあるが、利食いを先行したいところである。

日中取引レンジ   50,000円~51,100円

池末

にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ
ブログランキング参加中です「ぽちっ」とお願いしますm(__)m




人気ブログランキングへ
「ぽちっ」とヨロシクm(__)m

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【日中立会見通し(2012-07-10 10:05)】

金【値固め?】週明け9日のNY金相場は3営業日ぶりに上昇。中国での金需要拡大の兆しが買い材料となった。香港政府の統計によると、中国による香港からの金輸入は5月に前年同月比6倍増...

コメントの投稿

非公開コメント

商品先物取引に係る留意事項
留意事項
プロフィール
Author:日本ユニコム株式会社コンシェルジェ・サービス室スタッフ I
月齢 (新月は0 満月は14.8程度)
文字を大きく・小さく
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事
    カテゴリ
    記事検索
    エントリー
    いくつになっても褒められると伸びるタイプです。
    最新コメント
    カウンター
    最新トラックバック
    ☆:*:・°★:*:・°☆:*:・°★:*・°
    club.png
     
    seminar.png
     
    market.png
     
    blog.png
     
     
    海外相場表

    ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
    日本ユニコム 公式ツイッター
    ツイッターへ
    金価格など各種情報
    携帯電話用 QRコード
    QR
    RSSリンクの表示
    留意事項
    当ブログは情報提供を目的としており、日本ユニコム株式会社の取り扱い商品に係わる売買を勧誘するものではありません。内容は正確性、完全性に万全を期してはおりますが、これを保証するものではありません。記載された意見及び予測等は当ブログの作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。当ブログにより生じた、いかなる損失・損害についても当方では一切責任を負いません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。 当ブログの一切の権利は日本ユニコム株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。